第四話:すとれす かいしょう


あの後、次に寄港したセビリアでリスボンから積んでいった岩塩を売って陶磁器を買ってから
その陶磁器を売りさばくべくジェノヴァに向けて出航した一行は
洋上にて風を受けながら遠くに見えるイベリアの地を眺めていました。



地中海:洋上

ロッコ
坊ちゃん、リスボンから出て5日も経ちましたが、航海はどうですか?

ジョアン
そうだね!
これから大変なこともあるかもしれないけど、今は凄く楽しいよ!

ロッコ
まぁ、この辺は暴風雨の心配もいりませんからね。
あ、そういえば坊ちゃん!

ジョアン
ねぇ、ロッコ?!
坊ちゃんって言うの恥ずかしいからやめてよ?。
もっと海の男らしく呼んでよう!

ロッコ
ヘイ、じゃあ提督!
レオン公爵の航海の話は聞いていやすか?

ジョアン
うん、詳しくは聞いてないけど・・・

ロッコ
実はですね、レオン公爵の時も
最初は美術品の交易で儲けてたんですよ。
あの頃はピサからナポリに売ってたんですがね。

ジョアン
そうなんだ?。
・・・・・・ボクも父上みたいに一流の提督になれるかな?

ロッコ
はっはっは。
そりゃー、坊ちゃん次第ですぜ!

ジョアン
ロッコのバカー!坊ちゃんって言わないでって言ったのに?!
・・・うわーん!ママー!!!

ロッコ
一流の提督の前に
その「ママー!」ってのどうにかしてくださいよ。
もう18なんですから。

エンリコ
皆さんー!!!
大変です!

ロッコ
おうっ!エンリコか。

ジョアン
・・・どうしたの?

エンリコ
食事の支度をしようとして食料庫に行ったら
密航者を発見しました!
この密航者、リスボンから乗ってたらしいです。

密航者
・・・すみません。

ジョアン
リ・・・リスボンから!?!?
・・・なんで気がつかなかったんだろ・・・。

ロッコ
おう、小僧!
名前は何てんだ?

密航者
・・・今日は、何曜日ですか?

ジョアン
日曜(ドミンゴ)だけど、それがどうかしたの?

密航者
じゃあ、名前は「ドミンゴ」ってことで・・・

ロッコ
ふざけんなー!!!
誰が曜日を名前にしろと言ったー!!
きちんと名乗れや!!!

ジョアン
ま、まぁまぁ、ロッコ!
・・・訳あって名乗れないんだろう?

ドミンゴ
はい、すみません。

ロッコ
謝って済むんなら警察はいらねーんだよー!!!

ジョアン
・・・ロッコ、古臭い台詞やめてよ・・・。

ロッコ
・・・言ってからチョット後悔してます・・・。

・・・とりあえず、コイツは次の港で降ろしやしょう。

ドミンゴ
あの!
私を航海士としてこの船に乗せていただけませんか?

ロッコ
どうします?坊ちゃん・・・じゃねぇ、提督。
あっしはさっさと降ろしたほうがいいと思うんですがねぇ・・・。

ジョアン
いいじゃないか!
仲間は多いほうが楽しいしネ!

ロッコ
・・・遠足じゃねぇんですから・・・。

ジョアン
ねぇ!姓もないと不便だから付けてあげようよ!

エンリコ
私は正体不明を気取ってる辺り「バジーナ」が似合うと思うんですが。

ジョアン
なるほどね!
じゃぁドミンゴ・バジーナに決定!!

ロッコ
シャア(クワトロ)ファンに怒られるので辞めやしょう。坊ちゃん。

ジョアン
うわーん!
だから「坊ちゃん」はやめろって?!!

ドミンゴ
あ、じゃあ、「明日」のことをイスパニアの言葉で「マニャーナ」というので
姓は「マニャーナ」でいいです。

ジョアン
密航者のクセに自分で勝手に決めるなーーー!!

ボコッ
ドミンゴ
・・・痛いです。
やめてください、提督。

ジョアン
たった今、仲間になったばっかなのに
いっちょまえに航海士気取った風に提督って言うなー!!

ボコッ
ドミンゴ
じゃ・・・じゃあ
・・・坊ちゃん。

ジョアン
もっとダメーーー!!!

ボコッ
ドミンゴ
・・・シクシク。

ロッコ
はっはっは。
こいつぁストレス解消になりますぜ。
良い遊び相手ができてよかったですね。提督。


結局、姓は「マニャーナ」になった密航者ドミンゴを正式な航海士として迎え
ジョアン達の船「ヘルメス2号」はジェノヴァを目指すのでした。


第三話ジョアン航海記第五話